レーシックで失敗しないためのアイポータル > 教えてレーシック > アイレーシックと通常のレーシックでは安全性に違いはありますか?

アイレーシックと通常のレーシックでは安全性に違いはありますか?

違いがあります。どういうことかと言いますと、視力矯正のためのレーザー照射をする前に、角膜の表層にフラップと呼ばれるフタを形成する必要があります。この時、通常のレーシックではマイクロケラトームというステンレス製の刃物で削ってフラップを作成しますが、アイレーシックではイントラレースという高精度な医療用レーザーを使用します。これによりエッジがほぼ直角で一定の厚みをもった強く美しいフラップが形成され、治療後のシワやズレが起こりにくく、合併症の発生率も低く安全に優れています。

(回答:銀座スポーツクリニック)


メルマガ

視力回復大事典


カテゴリ

レーシック 視力矯正手術

クリニック訪問レポ

レーシックを受けた感想

教えてレーシック

眼のコラム

レーシックの用語集

レーシックの動画集

リンク集

運営者情報