アイレーシックと通常のレーシックでは安全性に違いはありますか?

違いがあります。どういうことかと言いますと、視力矯正のためのレーザー照射をする前に、角膜の表層にフラップと呼ばれるフタを形成する必要があります。この時、通常のレーシックではマイクロケラトームというステンレス製の刃物で削ってフラップを作成しますが、アイレーシックではイントラレースという高精度な医療用レーザーを使用します。これによりエッジがほぼ直角で一定の厚みをもった強く美しいフラップが形成され、治療後のシワやズレが起こりにくく、合併症の発生率も低く安全に優れています。
(回答:銀座スポーツクリニック)

超音波治療器のご紹介

自宅で1日10分ソニマック
信頼の開発メーカー製のソニマックは5年間保証の医療機器。お試しの2週間無料貸出や資料請求を受付中です。