角膜厚がどれくらいあればレーシックを受けることができるのでしょうか?

レーシック不適応となる理由の多くは、角膜厚の不足といわれていますが、角膜厚が何μm以上あればレーシックが可能というものではありません

レーシックと角膜厚で重要となるのは、術後の角膜厚が十分確保できるかどうかです。

一般的に、術後の角膜厚は術前の角膜厚矯正量(切除量)で決まります。

そのため、角膜厚が厚い人でも、極度に強度の近視で矯正量が大きくなりすぎて、術後角膜厚が十分確保できないと判断されれば、レーシックは不適応となります。

逆に、角膜厚が薄い人でも、矯正量が少なく、術後の角膜厚が十分確保されればレーシックは適応となります。

術後の角膜厚が十分確保できるかどうかは、適応検査を受けてみなければわかりませんので、まずは適応検査を受けられることをお薦めいたします。

超音波治療器のご紹介

自宅で1日10分ソニマック
信頼の開発メーカー製のソニマックは5年間保証の医療機器。お試しの2週間無料貸出や資料請求を受付中です。