視力回復手術の歴史

ロシアのフィヨドルフ博士が開発したRKという手術から、視力回復手術が広く知られるようになりました。
日本の近視手術は1980年代初頭に始まる。当初はダイヤモンドメスによる角膜切開手術だったが、80年代末、エキシマレーザー装置によるPRKが米国から医師の自己責任で導入された。
2000年2月 厚生省は眼科医療用機器のエキシマレーザー装置を、近視矯正手術に利用することを承認した。
レーシック→レーセック→イントラレーシック→エピレーシックとレーシックのフタを薄く作り土台を弱めない工夫が行われてきました。
一方、フタを作らないRK手術は現在でも施術され、RK、PRK、スーパーPRKと安全性において進化しています。

超音波治療器のご紹介

自宅で1日10分ソニマック
信頼の開発メーカー製のソニマックは5年間保証の医療機器。お試しの2週間無料貸出や資料請求を受付中です。