視力回復手術の歴史

ロシアのフィヨドルフ博士が開発したRKという手術から、視力回復手術が広く知られるようになりました。

日本の近視手術は1980年代初頭に始まる。当初はダイヤモンドメスによる角膜切開手術だったが、80年代末、エキシマレーザー装置によるPRKが米国から医師の自己責任で導入された。

2000年2月 厚生省は眼科医療用機器のエキシマレーザー装置を、近視矯正手術に利用することを承認した。

レーシック→レーセック→イントラレーシック→エピレーシックとレーシックのフタを薄く作り土台を弱めない工夫が行われてきました。

一方、フタを作らないRK手術は現在でも施術され、RK、PRK、スーパーPRKと安全性において進化しています。


メルマガ

視力回復大事典


カテゴリ

レーシック 視力矯正手術

クリニック訪問レポ

レーシックを受けた感想

教えてレーシック

眼のコラム

レーシックの用語集

レーシックの動画集

リンク集

運営者情報