イントラレーシックとは

通常のレーシックはマイクロケラトームを使いフラップを作成しますが、イントラレーシックはINTRALASE FS&FS2(イントラレースFS&FS2)というイントラレーザーを使用してフラップを作成します。


角膜に特殊平面レンズを固定して垂直にイントラレーザーを照射します。レーザーはレンズから一定の深さに作用して、正確に1ミクロンの水蒸気スポットを作ります。これが角膜面に一様に広がって滑らかで精密なフラップが得られます。
イントラレーザーは従来のマイクロケラトームよりも60%も薄いフラップを作れるため、これまで治せなかった角膜がうすい強度近視でも手術が可能になりました。
イントラレーシックは通常のレーシックと比較して以下の利点があります。
(1)フラップの安定性
イントラレーザーのフラップはエッジが直角に作られるため、フラップが元の位置に納まりやすい。
(2)クリアな視界
フラップ面はマイクロケラトームよりも滑らかで、従来のレーシックに比べてクリアな視界が得られやすい。
(3)重い近視、薄い角膜でも治療が可能
-10Dの近視で角膜が500μmの厚さしかなくても、フラップが100μmと薄いため、角膜ペレットは280μmとなり、手術が可能になる。
イントラレーシック – Wikipedia

超音波治療器のご紹介

自宅で1日10分ソニマック
信頼の開発メーカー製のソニマックは5年間保証の医療機器。お試しの2週間無料貸出や資料請求を受付中です。