イントラレーシックとは

通常のレーシックはマイクロケラトームを使いフラップを作成しますが、イントラレーシックはINTRALASE FS&FS2(イントラレースFS&FS2)というイントラレーザーを使用してフラップを作成します。

角膜に特殊平面レンズを固定して垂直にイントラレーザーを照射します。レーザーはレンズから一定の深さに作用して、正確に1ミクロンの水蒸気スポットを作ります。これが角膜面に一様に広がって滑らかで精密なフラップが得られます。

イントラレーザーは従来のマイクロケラトームよりも60%も薄いフラップを作れるため、これまで治せなかった角膜がうすい強度近視でも手術が可能になりました。

イントラレーシックは通常のレーシックと比較して以下の利点があります。

(1)フラップの安定性

イントラレーザーのフラップはエッジが直角に作られるため、フラップが元の位置に納まりやすい。

(2)クリアな視界

フラップ面はマイクロケラトームよりも滑らかで、従来のレーシックに比べてクリアな視界が得られやすい。

(3)重い近視、薄い角膜でも治療が可能

-10Dの近視で角膜が500μmの厚さしかなくても、フラップが100μmと薄いため、角膜ペレットは280μmとなり、手術が可能になる。

イントラレーシック - Wikipedia


メルマガ

視力回復大事典


カテゴリ

レーシック 視力矯正手術

クリニック訪問レポ

レーシックを受けた感想

教えてレーシック

眼のコラム

レーシックの用語集

レーシックの動画集

リンク集

運営者情報