「す」がつくレーシック用語

●スーパーPRK
読み:すーぱーPRK
SUPERFICIAL-PRKの略で、角膜表面のみに行うPRKのことです。通常のPRKで行う角膜の上皮層を「こする」ことはせず、角膜には直接触れずにレーザー照射のみで行います。


●ストリエフリー
読み:すとりえふりー
レーシックの手術道具の一つで、レーシックの手術時にフラップのしわを伸ばすための器具です。


●スペキュラーマイクロスコープ
読み:すぺきゅらーまいくろすこーぷ
角膜の一番内側にある内皮細胞を撮影し、角膜の画像をPCに取り込み、その数、大きさ、形を解析する機械です。角膜内皮細胞検査の際に利用され、内皮細胞の数が少ないと、レーシックに不適合となります。


●スリットランプ
読み:すりっとらんぷ
細隙灯顕微鏡検査で使用される器械です。眼科検査法の中でも基本的で重要な検査器械で、結膜炎、角膜炎、白内障、緑内障、虹彩炎など、あらゆる疾患の際に利用します。眼内の組織をスリット光を用いて切り取り、拡大することによって、眼球断面を精密に観察し、病変の部位や範囲、程度を知ることができます。レーシックでは、眼の前眼部(角膜、結膜、水晶体など)に異常がないかどうか、詳しく検査します。


メルマガ

視力回復大事典


カテゴリ

レーシック 視力矯正手術

クリニック訪問レポ

レーシックを受けた感想

教えてレーシック

眼のコラム

レーシックの用語集

レーシックの動画集

リンク集

運営者情報