「せ」がつくレーシック用語

●正視
読み:せいし
目に入った光が角膜と水晶体で屈折し、ちょうど網膜でピントを結んでいる状態のことです。
●正乱視
読み:せいらんし
平行な光線が一点で像を結ばず、方向によって像を結ぶ位置が違う対称性をもった乱視のことです。多くの場合、角膜のカーブがボールのように完全な球面ではなく、ラグビーボールのようにひずんでいるために生じますが、水晶体の経年変化などでも起こります。眼鏡(柱面レンズ)による矯正が可能です。

超音波治療器のご紹介

自宅で1日10分ソニマック
信頼の開発メーカー製のソニマックは5年間保証の医療機器。お試しの2週間無料貸出や資料請求を受付中です。