「ろ」がつくレーシック用語

●老眼
読み:ろうがん
年齢とともに、眼の調節力が減退し、正視の人の場合近くが見えにくくなる状態のことです。水晶体の外層が硬化し、弾性が衰えるためで、一般的には45歳くらいから進行します。残存する調節力に応じて、適度の凸レンズ(老眼鏡)を用います。 近視の人は老眼にならないといわれますが、それはあやまりで、すべての人が老眼になります。ただし、近視の人は近くに焦点が元々あっているため、近用の老眼鏡がいりません。
●老視
読み:ろうし
レーシック用語「老眼」をご覧下さい

超音波治療器のご紹介

自宅で1日10分ソニマック
信頼の開発メーカー製のソニマックは5年間保証の医療機器。お試しの2週間無料貸出や資料請求を受付中です。