「ろ」がつくレーシック用語

●老眼
読み:ろうがん
年齢とともに、眼の調節力が減退し、正視の人の場合近くが見えにくくなる状態のことです。水晶体の外層が硬化し、弾性が衰えるためで、一般的には45歳くらいから進行します。残存する調節力に応じて、適度の凸レンズ(老眼鏡)を用います。 近視の人は老眼にならないといわれますが、それはあやまりで、すべての人が老眼になります。ただし、近視の人は近くに焦点が元々あっているため、近用の老眼鏡がいりません。


●老視
読み:ろうし
レーシック用語「老眼」をご覧下さい


メルマガ

視力回復大事典


カテゴリ

レーシック 視力矯正手術

クリニック訪問レポ

レーシックを受けた感想

教えてレーシック

眼のコラム

レーシックの用語集

レーシックの動画集

リンク集

運営者情報