レーシックとは

レーシック(LASIK)とは、レーザーを用いて視力を回復させる治療法です。

角膜の一部を薄くめくり(めくった部分をフラップと呼びます)、角膜実質層に近視や乱視の度数に応じてエキシマレーザーを照射します。これにより、角膜の形状を変化させ、屈折率を矯正します。

近視では角膜中央部を平坦化させ、遠視では周辺を、乱視では特定の方向だけを変化させます。

従来のレーシックよりも精密で安定したフラップを作成できるイントラレーシックが注目されている。

レーシックは時間とともに改良が進み、患者一人一人の角膜の状態や眼科医の設備やポリシーにより、いくつかの手法が選択される。

LASIK手術の手順は、
1.点眼薬で麻酔をする
2.マイクロケラトームで角膜の表面を削りフラップを作成
3.フラップをめくる
4.エキシマレーザーを照射
5.マーキングされた位置に正しくフラップを戻す
6.フラップを自然に接着させる
となる。

手術時間は両眼でおよそ15~20分。レーザーの照射時間はおよそ数十秒程度。
視力は翌日から回復し、入院の必要もない。


メルマガ

視力回復大事典


カテゴリ

レーシック 視力矯正手術

クリニック訪問レポ

レーシックを受けた感想

教えてレーシック

眼のコラム

レーシックの用語集

レーシックの動画集

リンク集

運営者情報