フェイキックIOLとは

Phakic IOL。白内障手術を応用した手術で、眼の中に有水晶体眼内レンズという人口レンズを入れて、視力を矯正する手術。

水晶体と角膜の間にレンズを入れ虹彩に固定する手術で、後で取り外すこともできる。角膜を削らないので、角膜の厚さが薄くレーザーが治療が適用できない人や軽度の円錐角膜の人でも手術が可能。

視力の回復と安定に多少時間がかかるため、1~2週間の間隔をあけ片眼ずつ行われる。
白内障等の合併症を引き起こすことも稀にあります。

「永久コンタクトレンズ」と呼ばれることもある。

ただ、手術の症例数は日本で少なく、レーシック等に比べると長期的なデータも少ない。

角膜―水晶体間に人工レンズ フェイキックIOL YOMIURI ONLINE

有水晶体眼内レンズ、移植型コンタクト M.Cafe


メルマガ

視力回復大事典


カテゴリ

レーシック 視力矯正手術

クリニック訪問レポ

レーシックを受けた感想

教えてレーシック

眼のコラム

レーシックの用語集

レーシックの動画集

リンク集

運営者情報