「A」がつくレーシック用語

●AK
読み:AK
正式には“astimagic keratotomy”といいます。乱視の強主経線と直角方向の切開を角膜輪部から2~3mm、長さ4~5mmで行い、乱視を矯正する手術です。切開方法は直線切開と弓上切開があります。
●astigmatic keratotomy
読み:astigmatic keratotomy
レーシック用語「AK」をご覧下さい。

超音波治療器のご紹介

自宅で1日10分ソニマック
信頼の開発メーカー製のソニマックは5年間保証の医療機器。お試しの2週間無料貸出や資料請求を受付中です。