強度の近視なのですが、レーシックを受けることはできますか?

強度近視レーシックの可否については、検査を受けてみなければなんともいえないというのが実情です。

強度近視の場合、一番の問題は術後に十分な角膜厚が確保できるか否かです。

エキシマレーザー屈折矯正手術のガイドラインでは、「近視LASIKは術後に十分な角膜厚が残存するように配慮しなければならない」と定められており、強度近視の場合は角膜の矯正量(切除量)がどうしても大きくなるため、術後に十分な角膜厚が確保できない可能性は高いといえるでしょう。

しかしながら、角膜厚が厚い患者さんの場合は、強度近視であっても術後に十分な角膜厚が確保できる可能性があります。

矯正量と角膜厚は適応検査を受けなければわかりませんので、まずは適応検査を受けられて医師の判断を仰ぐことが必要かと思います。

なお、強度近視の方向けの視力矯正手術として、フェイキックIOLという技術があります。

参照情報:

超音波治療器のご紹介

自宅で1日10分ソニマック
信頼の開発メーカー製のソニマックは5年間保証の医療機器。お試しの2週間無料貸出や資料請求を受付中です。